介護食の種類はやわらかさで分けられる

年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方もその家族も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドはすべての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安心して食事をとることができるようになるものです。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、それを元に調理師が調理したものを出していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。介護施設によって、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を教えてくれる老人ホームもあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、出来るだけ食事を用意しやすくするためにも、調理器具があると便利です。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役に立ちます。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なたんぱく質を摂取しましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、長生きであるという調査報告もあります。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院中のお年寄りのごはんがあまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なわけではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目や味付けが悪いと、食欲は無くなってしまいます。口の中でまとまりやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に作り変えます。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。これまでと同じ食べ物を食べることが難しくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養不足になっていることがあります。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。そのためおかゆとともに、その他の食材をうまく組み合わせて、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。管理人のお世話になってるサイト⇒介護食宅配サービス