糖尿病の食事のための食材は宅配を選ぶと楽です

2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」によって大聞く作用します。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと作用について新しく研究する分野です。多種多彩な栄養素を適量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量をけい載しています。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、献立づくりの悩み解消にもなります。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)とよばれるホルモンが上手にはたらかなくなり、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、一例として、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、実り多き時間を過ごすことです。食事療法を初めとした治療が適切におこなわれれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、沿う考えるのも無理はないです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、いろんな体調の変化が顕れてきます。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)値に異常が出てくる反応は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症の引き金になります。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、食生活の改善なくして治療は行えません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが相応しいとされているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶ事が大切です。あなたがたがよく知ってる外食メニューも、「食品交換表」にはけい載されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。季節の変化をとりいれた献立作りや、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。人は加齢とともにインスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)のはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。特に食後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ異なる作用を持ちます)が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が満足したりするからです。忙しいとき、しごとの合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ異なる作用を持ちます)には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってください。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。毎食バランスを考えて摂り、ご飯の量を少なくすることが大切です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。一例として糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを考えることが重要になります。もともと食事療法の目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひともふくめみんなが考えないといけないことなのです。参考にしたサイト⇒糖尿病 食材 宅配