糖尿病性腎症の食事は大変なので宅配食が便利です

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があるのです。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムがふくまれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ちょうど腰(四足だった人間が直立歩行になったことにより、かなりの負担がかかるようになったといわれています)辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素(活性酸素や悪玉菌、乳酸などを指すこともあります)といったものを尿の中に排出します。その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンを造り出すなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大切です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断(市や区などが市民に向けて行うこともよくあります)を受け早期に発見し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではナカナカわからなかったりするので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。尿に違和感があった際には、はじめに医療機関での受診を優先しましょう。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎機能の回復が見込めます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要になります。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。食材の味を楽しむことが出来ます。肉・魚・卵・大豆製品(豆乳の独特の風味が苦手という方も少なくありませんが、最近は飲みやすく工夫された豆乳がたくさん売られています)・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。はじめに具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してちょうだい。腎臓の機能に異常が顕れた時は、完治するのは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、病態の回復までとはいかずとも、遅らせることができるようになりました。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、これまでの透析療法や移植とは別に多種多彩な治療法も増えているので、個々の状態と環境にマッチした治療を受けることが出来ます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体にとって大切なはたらきをしています。 言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しふさわしい治療を受けることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する様々な工夫について知ることが出来ます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>糖尿病性腎症 食事 宅配